MADってなに?

ニコニコ動画やyoutubeなどを見ていると見かける「MAD」という言葉。なんとなく気になって動画を見てるけど、MADってなんだろう?という疑問が消えなかったので調べてみました。

MADとは英単語で「狂っている」「馬鹿げている」などの意味合いがあります。アニメなどの動画や画像を部分的に切り取り組み合わせ、好みの音楽に合わせてコラージュさせていくのが特徴です。面白おかしく作られたギャグ系から感動系、カッコイイ系など動画共有サイトの普及により種類も豊富になりました。

元ネタが音楽や場面の組み合わせを変えるだけでこんなに変わるのか?!というくらい、製作者によって個性がでていて一度見るとハマってしまいます。下手したら本家を超えてるのでは?というくらいのクォリティの高い動画もあるから見ていて全然飽きません。制作側も自分なりの個性を発揮できるので、作っていて楽しいんだろうなと感じます。

MADを制作におすすめのソフトウェア

MAD動画を見ていて作ってみたい!と感じた人も多いのではないでしょうか。パソコンをある程度使いこなせている人なら作るのはそこまで難しくはないようです。パソコンの知識がなく基礎的なことしかできないという人でもソフトウェアの使い方を覚えたり、自分で調べる力を身に付ければ作ることができるので、気になったら一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、あなたの作ったMAD動画にたくさんのファンがつけば人気職人の仲間入りできるかも?

すすめ動画作成ソフト

・Windowsムービーメーカー
AviUtl
・Adobeシリーズ(上級者向け)

調べたらこれらがおすすめされていましたが、初心者の方は「Windowsムービーメーカー」がおすすめです。動画の基本を学びながら作ることができるので、ムービーメーカーを使いこなせるとうになったら別のソフトに切り替えにしていきましょう。

動画作成するには、まずどんなMADを作りたいのか?簡単な構成を考えたら、そのための素材を集めていきます。使用したい元ネタ動画は著作権が絡んでくるので、ダウンロードでも違反になりますがニコニコ動画やyoutubeにずっと残っている動画であれば大丈夫だということで、自己責任で専用ソフトを使用するか、動画専用素材集を購入するなどして集めていきましょう、。

MAD制作に必要な環境

さて、MADを制作するにあたってパソコン環境が大丈夫か不安なところですね。動画制作に必要な環境に関しては使用する動画作成ソフトがストレスなく起動、操作できれば問題ないでしょう。ただ、作成する動画の長さやエフェクトなどによって処理に時間がかかります。容量は外付けHDDをつければ問題無いですが、グラボとメモリは使用するソフトウェアの必要動作環境よりも上のものを使ったほうがスムーズに作業できます。GTX760以上を搭載しているおすすめゲーミング用PCならGPGPUを使えて、高速エンコードが可能になります。

MMDの制作に慣れてAdobeシリーズを使用したいと考えている人は全体的なパソコンのスペックを整えたほうがいいです。というのも、Adobeシリーズのソフトはどれも高性能な分、重く、パソコンへの負荷が大きいからです。Photoshopは画像編集ソフトですが、かなり重いです。フォトショで重いとなると動画編集ソフトになればさらに重くなります。低スペックや標準スペックのパソコンだとフリーズしまくり、強制終了を繰り返してせっかく作ったデータが全て消えてしまう・・・なんて最悪な事態も起こりかねます。BTOメーカーがコスパのいいクリエイター向けパソコンを販売してくれているので、このスペックを参考にしてみるのもおすすめです。