スマホに席巻されるカーナビ市場

自動車のルートを自動算出したり渋滞情報を知らせたりしてくれるカーナビ。自動車に搭載する専用端末としてさまざまな機種が登場しています。

しかし最近は、カーナビを搭載せずにスマートフォンやタブレットで代用しようとするユーザーが増えています。専用端末であるカーナビの場合、20万円を超えるモデルが少なくありません。豊富な機能を備えており、自動車メーカーが新車購入時に取り付けやセッティングなどまで面倒みてくれるため、高額になっているようです。

しかしユーザーの中には、そんな高額なカーナビは必要ないと考える人が増えてきました。スマートフォンやタブレット用アプリの中にカーナビのようにルートを算出したり、観光情報を表示したり、渋滞情報をリアルタイムに教えてくれたりするものが登場してきたことで、スマートフォンをカーナビ代わりに利用する人が一気に増えたのです。アプリの価格はせいぜい月額数百円。20万円もする専用端末を買わずとも、普段電話として利用しているスマートフォンで済んでしまうのです。

日本の場合、自動車を買い替えると同時にカーナビも買い替える文化が根付いています。しかしスマートフォンやタブレットを利用すれば、アプリをバージョンアップすることで、最新の地図に対応するし、機能も強化されます。わざわざハードウェアを含めて新調せずとも、最新の情報を利用することができるのです。

LTEが登場したことで通信速度は引きあがり、運転中でも電波が途切れることが減りました。これにより、移動中でも自動車の位置を追随し、地図が切り替わらないといったことがなくなりました。ただ、毎日長時間使っていると通信量があがってしまう可能性があります。そこでiPhone速度規制なしの回線を使うことをおすすめします。1GB制限や7GB制限になってしまうとカーナビとして使えないほど低速になります。